大切な時間@ブラッスリーコロンウィズル・クルーゼ
先日、お世話になった前職の上司と
ブラッスリーコロン ウィズ ル・クルーゼ
でディナーコース☆
シェフ塚田さんは、2015年の世界料理学会でお見かけして、お話を伺って。
その後、塚田シェフがプロデュースを手がけた函館の食イベント、はこだ☆テリアで私がずっと携わりたかった食の世界に携わるチャンスを頂いて、2ヶ月間とてもお世話になりました。

塚田シェフのblogに綴られた感性も、とても好きで、繊細さや優しさがそのままお料理に繋がっているんだなぁ…と、いつも感じています。
そんなこんなで、塚田シェフファンの私としては、いつかコースが食べたい…と祈っていたんです…笑。

スタートは、ホワイトアスパラ×文旦のサラダ。確か、お味噌を使っていると聞いた記憶と、シェフの発想に驚いた記憶。
でも、シェフのお料理は素材の持ち味を大切にしたお料理で、お味噌の主張は強くなく、とても優しい味わい。

キウイ×パクチーのサラダは、パクチーってもっとパンチがある味かと勘違いしていましたが、全然クセが無くて食べやすい。キウイは、無農薬で皮まで食べれます。

f0207703_01410216.jpg

そして、旬のビーツのデザートみたいなキレイな一品。ビーツは、アワアワでふんわり、上には山わさびが、ほんのりピリッと感を添えてくれます。意外な組み合わせに驚きながらも、本当に優しい味わい。

f0207703_02050986.jpg

確か紅大根のお漬物とマグロ。
えーっと、えーっと実は。
お皿が目の前に出てきた瞬間、この可愛いお漬物の佇まいに目を奪われて、メニューの説明が頭に入っていませんでした…笑。
気づいた時には、一緒に食べてください…って店員さんからのアドバイス。
この佇まい…私のツボ。キュンキュンします、笑。

f0207703_02051019.jpg

そして、これまた感動の熟成した秋鮭と季節の野菜のスープ!鮭の下には菜の花が隠れています。
お店はフレンチぽく、パンに合うお料理ですが、塚田シェフのお出汁系お料理…とっても美味しくて、優しい味わいで感動。
私は個人的に、塚田シェフの和の汁料理が今のところ1番好きかも知れません。どんなお料理も美味しいですけれども、最も塚田シェフの繊細さが表れるお料理かも…って感じています。
熟成されたお塩がきいたシャケは、独特の風味と味わい。
思わず、あぁ〜ご飯が食べたい…って言ったら、上司に笑われました。笑
油の水玉模様が、これまた可愛い一品でした。

f0207703_02051251.jpg

牡蠣と海苔のリゾット。
あぁ〜至福。
目の前にやってきたら、テンションが上がるひと品。テンションが上がる=幸せホルモン分泌中…笑。

f0207703_02051489.jpg

そして、なんと今まで敢えて口にしてこなかった鹿肉。
初めてが塚田シェフのお料理で良かった。

というのも、鹿の被害については耳にする事も多く、ヒトの生活を脅かすことも理解はできる。
だけど、そもそも自然を壊し、狼を絶滅させ生態系を狂わせたヒトが、「駆除」という言葉で片付けるには悲しすぎて。動物たちにも、ヒトと同じように喜怒哀楽も、愛情もあって、この世には無駄な命って一つとしてないはずという想いと…。

そして、目の前の利益に振り回され過ちを犯すヒトの惨めさと、もう過ちを犯して欲しくないと生態系の調和を願う想いと…。
先日ホテルでバイトをしていた時の、食品の大量破棄も衝撃的で、食を粗末に扱う疑問と。
鹿肉を巡っては、自分の中に色んな感情がわき起こってしまって、頂くチャンスを逸していました。

だけど、塚田シェフのひと皿を前にして、塚田シェフのお料理は命を大切に扱う事が感じられて、有難く頂けるひと皿でした。
一瞬お皿とにらめっこ…忘れられない瞬間でした、笑。
ソースも鹿を使って作られたそうで、チョコレートの様な香ばしいソース。
鹿のお肉は、全く臭みがなくて食べやすかった。大切な命、大切に頂きました。

アスパラの下には、季節の山菜蕗の薹を使ったソース。野菜を野菜のソースで頂くという発想、これまた、へぇ〜🎶の連続。
🥕人参も甘くて、スパイスがかかっていて、美味しかった。多分一生忘れられないひと皿です。

f0207703_02051583.jpg

デザートは、フレンチトースト。
外がカリカリで新食感。
アイスクリームも、一口めにスパイスの味わい♪

f0207703_02145922.jpg

大切な人と、大ファンの塚田シェフのお料理を頂いて、心のエネルギーが満タンになった幸せな時間でした。

[PR]
# by chiho-sasadango | 2018-04-28 01:36 | 札幌ディナー | Trackback | Comments(0)
ナポリタン@函館 赤風
f0207703_20070391.jpg


以前の職場の通勤路。

あー、お腹ぺこぺこすぎて、自炊無理〜( ˘-˘ )
っていう時には、しばしばお世話になっていた、
通称赤風。赤い風車。

入職したてで慣れないとき、仕事終わりにあまりに疲れて、白衣の上にワンピースを着てしまうエピソード。笑
そんな日は、赤風に吸い込まれるようにご飯を食べにいっていました。
赤風、赤風…と呼んでいると、ふとした瞬間、「風」は、風船の風だったのか…風車の風だったのか…という疑問が頭を過ぎる。笑
記憶力の悪さから、年齢がばれますね(^^)笑
正解は、赤い風車です!!!(^^)

ここのナポリタンは、洋食屋さん独特。
使い込んだ鉄のフライパンで炒めた香ばしい味がする。
テフロンではない、昔ながらの懐かしい味のナポリタン。
具材は至ってシンプルで、イメージの中の元祖ナポリタン。
懐かしい味わいに胸きゅんです♡


[PR]
# by chiho-sasadango | 2017-08-24 19:47 | まいう゛~♪ | Trackback | Comments(0)
そこにいてくれれば
f0207703_213849.jpg

f0207703_2138569.jpg

f0207703_2138588.jpg

そこにいてくれれば、それだけでいい。

愛おしくてたまらない、無償の愛に気づかせてくれる命。

これからの人生の中で、私はどれだけ無償の愛に巡り合うだろうか。

もう直ぐ36歳…きらん☆
[PR]
# by chiho-sasadango | 2014-12-09 21:35 | Trackback | Comments(0)
海♪
f0207703_13271963.jpg


♪う~みは 広いな大きいなぁ~♪

2014年1月15日

木古内町のみそぎ祭りで訪れた 木古内町の海

太陽の光を受けて キラキラきれいでした☆
[PR]
# by chiho-sasadango | 2014-04-11 13:29 | Trackback | Comments(0)
ペニーレインの閉店によせて☆
f0207703_12195520.jpg
f0207703_1220990.jpg
f0207703_12201970.jpg


これまで、たくさんの方に応援していただきました、母のカフェが本日をもちまして、閉店となります。

3年とちょっと(←おおざっぱ加減がw)・・・多くの方が応援してくださり、足を運んで下さり、「行きたい!」と言ってくださり・・・

本当に有難く、心から感謝申し上げます♪

実は・・・私がブログで、チョイチョイ母のお店の記事を書いていたこともあり、私のブログは「函館ペニーレイン」で検索された方が、覘いて下さっているんですね。

母のお店の常連さんやお客様が、私のブログをご覧になって、母のお店に来て下さった際に、褒めてくださったり、ネタにしてくださったようで・・・母がこのブログの存在を知ったという・・・(当時、母にはブログを書いていることを秘密にしていました!w現在は公認です!)

おかげさまで、私は母のお店のおかげでたくさんの再会と、ご縁を頂きました!

お客さま、常連さんは素敵な方が多く、母も本当に良いご縁を頂いたようです。

この場をお借りしまして・・・ペニーレインを応援してくださった皆さま、ペニーレインを通して出会えた皆さま、遠方から足を運んでくださった皆さま、お忙しい中足を運んで下さった皆さま

本当にありがとうございました!
[PR]
# by chiho-sasadango | 2014-02-28 12:38 | はこだて | Trackback | Comments(0)
  

~La vie est belle~人生は美しい~☆毎日を丁寧に 重ねていきたいなと思いながら・・・日々の事を
by Sasadango
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大好きな私の生まれ故郷函館のエントリーをオススメに選んで頂きました♡
函館


ペットのおうち
最新のコメント
寅さん やっぱり写真っ..
by chiho-sasadango at 16:26
寒くなったね! 暗い緑..
by 寅 at 07:54
寅さん 味見をしてくだ..
by chiho-sasadango at 00:24
美味しそう! 何時でも..
by 寅 at 11:21
非公開コメントさま お..
by chiho-sasadango at 23:08
記事ランキング